障害をもった全ての子どもたち・人々が地域の中でごく当たり前に暮らしていけるよう、その生活と健康を支える。 (事業団理念より)
支援内容のご案内
障害児者福祉の拠点として、地域のネットワークの中核的役割を果たします。
療育・発達支援
知的障害・肢体不自由・発達障害の子どものための通園療育、発達支援を行います。
医療的支援
プライマリー・ケアを基本とした外来・リハビリ・短期入所があります。
相談支援
市域における中核的機能としての相談支援をいたします。
通所支援
「働く」「暮らす」を支える総合的な支援システムです。
その他の支援
地域交流の拠点として社会参加・自立活動の支援と障害へのサポートを提供しています。
施設・事業所のご案内
通園、医療、通所、相談などを柱にした様々な専門機能をご紹介します。

事業により実施時間が異なります。詳しくは、各事業所にお問い合わせください。 
第一・第二はばたき園
第一・第二はばたき園
電話:072‐975‐5701
診療所
診療所
電話:072‐975‐5703(再診受付)
・医療連携室(初診受付)
  電話:072‐975‐5704
短期入所
短期入所室
 
電話:072‐975‐5725
サポートスペース ここりーど(自立訓練)
サポートスペース ここりーど
 (自立訓練)
電話:072‐975‐5706
サポートスペース ここりーど(生活介護)
サポートスペース ここりーど
(生活介護)
電話:072‐975‐5706
 サポートスペース ここりーど(就労移行支援)
サポートスペース ここりーど (就労移行支援・就労定着支援)
電話:072‐975‐5707
基幹相談支援センター
基幹相談支援センター
電話:072‐975‐5708
就業・生活支援センター J-WAT
就業・生活支援センター J-WAT
電話:072‐975‐5711
発達障害支援センター PAL
発達障害支援センター PAL
電話:072‐975‐5712
 地域交流スペース
地域交流
電話:072‐975‐5713
職員募集
◎児童指導員 ◎保育士 ◎支援員  ◎相談員 ◎看護師 
◎理学療法士 ◎作業療法士 
◎言語聴覚士 ◎事務員 など
利用者さま一人ひとりの幸せをやりがいとして、一緒に考え、 
喜び、共に成長しましょう!!
そんな“お互いの信頼性”を築けるような、共感性・協調性の
ある方を募集しています。
                         
現在募集中の職種については、「採用情報」のページでご確認ください。
 
皆さまのご応募をお待ちしております!!
 
ご挨拶
 当センターは、障害のある子どもから大人まで、切れ目のない支援を行うことを目的に、療育センターと障害者センターを統合し、平成29年4月に新しく開設されました。「障害を持ったすべての子供たち・人々が地域の中でごく当たり前に暮らしていけるよう、その生活と健康を支える」という療育センターの理念は、いつしか事業団の理念となり、そして新しくなった当センターの理念へと引き継がれました。
 昨今、「障害」を取り巻く環境はめまぐるしく変化し、「障害」の理解も多様化しているように思われますが、「障害を持った人々が地域の中でごく当たり前に暮らす」ということは、まさに、その人権が尊重され、けっして侵されないということを意味しているものと考えます。そのような地域社会を創造するため、当センターの4つの部門の機能を総動員し、「その生活と健康を支える」歩みを進めていく所存ですので、これからも皆さまのお力添えをいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

東大阪市立障害児者支援センター レピラ


〒578‐0984 大阪府東大阪市菱江5丁目2‐34
東大阪市立障害児者支援センター レピラ
電話:072-975-5700(代表)
     ファクス:072‐966‐1011
 電話によるお問合せは、月曜日から金曜日までの8時45分~17時15分まで。(祝休日、12月29日から1月3日までを除く)

◇貸室のお申込は、月曜日から土曜日の地域交流スペース(レピラ5階)でお受けしています。 
貸室申込・問合先:地域交流スペース
 電話: 072‐975‐5713
        ファクス: 072‐975‐5719