本文へ移動

発達支援 <個別療育>

個別療育

発達障害のある子どもを対象に発達障害の特性に合わせた療育を行っています。
個別面談を通して、ご家族のニーズと発達検査等の結果を確認したうえで、個別の支援計画を作成します。
 

療育方針

発達障害のある子どもたちが、家庭や地域の人たちと豊かに、自尊心をもって、自立した生活ができることをめざし、幼児・学齢期におけるその基礎を保護者の方と協働のもとに築きます。
 
具体的には以下の4つの点に取り組みます。
 ①発達障害の特性の理解
 ②個別の評価と目標設定
 ③支援方法のモデル提示
 ④家庭や地域への発展・応用
 
子ども一人ひとりの長所(強み)に着目し、その強みをいかしたかかわりが出来るよう支援します。
支援方法は、一人ひとりオーダーメイドです。保護者の方も、個別療育に参加していただき、子どもの様子を見てもらいながら、子どもの状態に適した支援をスタッフと一緒に考えていきます。

療育で取り組む課題

日常生活習慣の確立(身辺自立・お手伝い)
認知
行動統制(ルールの理解、気持ちの切り替え)
遊び・余暇
コミュニケーション
社会性・対人関係
地域社会生活(交通機関の利用方法)

療育の時間帯、基本の流れ

療育スペース

先生とお勉強(未就学児)

お子さんが職員や親御さんと一緒に課題に取り組むスペースです。

先生とお勉強(小学生)

お子さんが職員や親御さんと一緒に課題に取り組むスペースです。

一人でお勉強(小学生)

お子さんが一人で課題に取り組むスペースです。

おやつエリア

中央のボードを用いて職員に要求をしたり、職員や親御さんと話しながらおやつを食べるスペースです。

プレイエリア1

お子さんが勉強の後に休憩としておもちゃやゲームで遊ぶことのできるスペースです。

プレイエリア2

光るバブルタワーや絨毯などがあり、リラックスしながら遊ぶことのできるスペースです。
トランポリンで跳んだり、椅子で横になって落ち着くこともできます。

 

発達支援

PALで行っている発達支援(個別療育)について紹介しております。

家族支援

PALをご利用の保護者を対象に行っている、家族支援(保護者研修や療育相談)について紹介しております。

地域支援

大阪府の委託により行っている「障がい児通所支援事業者育成事業」について紹介しております。

利用案内

PALのご利用に関する、申し込み手続き等の詳細について紹介しております。
社会福祉法人 
東大阪市社会福祉事業団
〒578-0984
大阪府東大阪市菱江5丁目2-34
TEL.072-975-5700
FAX.072-966-1011
TOPへ戻る